お知らせ」カテゴリーアーカイブ

循環型農業には欠かせない存在

5月に入ってから
お米栽培が本格化して
ワクワクしている今日この頃です。

苗を田植え機に積む様子です。

なんだか嬉しそうです!(^_^)

今年も美味しいお米を
育てることができるように
スタッフみんなで頑張っていきます!

 

さて、今日は、
私たちの命を繋ぎ続けてくれている
稲の存在についてお話ししたいと思います。

 

 

循環型農業には欠かせない上、
人の健康に役立つ稲の存在

 

稲穂の実は左のイラストの通り、
構成されています。

 

玄米を覆う「もみ殻」は
土壌微生物の活動に役立つ資源となり、
「玄米」の部分は人間の健康に役立つ栄養が
豊富に含まれています。

 

⚫︎もみ殻は循環型農業に必要不可欠!⚫︎

 

もみ殻を土に投入することによって、
土壌微生物が活動しやすい環境を
整えていきます。

 

微生物の働きによって
排水性が高く・団粒構造のある
フカフカな土壌へと変化していくのです。

 

フカフカな土壌には
野菜の根が張りやすく、
健康な野菜に育ちやすいため、
美味しい野菜を育てるためには
必要不可欠な存在です。

 

土に混ぜ込む以外にも、
もみ殻を畝(ウネ)に敷いて
土が乾かないよう保湿として
使用したりしています。

 

⚫︎玄米は栄養豊富!⚫︎

もみ殻を除いたものが玄米です。

胚芽・ヌカには
ビタミン・ミネラル・食物繊維が
豊富に含まれていて栄養たっぷりです。

 

一方、
白米とはヌカと胚芽を削り取り、
胚乳(はいにゅう)だけになったもの。

 

玄米より栄養は劣りますが、
消化がよく、
胃腸を穏やかに保つのが特徴。

体内への吸収率が高いので
少量でも栄養をつけることが可能です。

 

⚫︎玄米ほど残留農薬に気をつけて!⚫︎

玄米は精製される前の米です。

データによると約80%の残留農薬は
ヌカ部分に見られていると言われます。

もちろん、洗米することで
ヌカは流れ落ちると言われますが、
できれば農薬・除草剤・化学肥料を
使用しないで栽培されたお米を
選びたいものです。

 

また、玄米は消化に時間がかかるので、
よく噛んで食べることが大切です。

病後や療養中の方、
特に胃腸の弱い方は摂取量を気をつけると良いそうです。


この通り、
稲は食や農に欠かせない存在です。

自然の恵みをいただいて、
それをパワーにまた農作物を
生産して多くのかたにお届けする
素晴らしい循環をこの先も
続けていきたいと思います!

 

 

 

【ご報告】ジュースについて調べました。

奇跡の人参ジュースは
量販店で販売されているような
サラサラっとしたジュースではなく、
食物繊維を含んだトロトロしたジュースです。

 

でも、これでは
なんとなくしかわかりませんよね。(^^;)

 

そこで!!
世の中に溢れる「ジュース」という
飲み物を少し深掘りして
調べてみたのでよかったら
この先もお読みください。

 

 

知っているようで知らない
ジュースの豆知識

 

 

健康のために選ぶならどっち?

〜ジュースを嗜好品で終わらせない選択〜

 

▼野菜ジュースの種類▼

・濃縮還元ジュース

・ストレートジュース

大きくこの2種類のジュースに分類できます。

 

—————————–
濃縮還元ジュースとは
—————————–

量販店やコンビニに置いてある安価なジュースに多い。

 

[ メリット ]

・加熱で悪い菌の繁殖を
抑えられ長期間の保存が可能。

・通常の5〜6倍近くまで
濃縮することで保存スペース
を削減できるので、
輸送コストを減少でき、価格も安価。

 

[ デメリット ]

・加熱時、素材そのものの
香り等も一緒に蒸発してしまう。

そのためジュースに製品化する際、
香料や保存料が添加されていることが多い。

また、
砂糖や果藤ブドウ糖液糖などの
甘味料が入っているケースも多い。

 

・海外で生産された素材を使用しがち

 

——————————–
ストレートジュースとは
——————————–

果実や野菜本来の
まっすぐな味わいを楽しめるジュース。
農家直売やこだわりの製品が多い。

 

[ メリット ]

・素材そのものの香りと風味が
楽しめるため、香料などの
添加物を使用する必要がない。

・食物繊維を逃さない製造方法
もあるため、果実や野菜の栄養を
そのまま摂取することができる。

・国産素材でジュースができる。

 

[ デメリット ]

・輸送コストがかかる上、
生産数が限られるため高価。

 

・濃縮還元ジュースほど
大量には製造できない。

 

・濃縮還元と違い、
原材料をそのまま絞って
果汁を抽出するため賞味期限が短い。

 

=================

奇跡の人参ジュースは
『ストレートジュース』です

=================

鮮度と栄養価を活かす
すりおろし製法を採用。

人参は蒸気を当てながら
短時間でペースト化。

りんごは無酸素状態で
なめらかな状態まで
すりおろしてから丁寧に果汁を抽出しています。

 

果肉入りで食物繊維が
たっぷり摂れるトロトロタイプの
ストレートジュース。

 

しかも素材の栄養を
なるべく逃さないような
加工技術を駆使して製造されています。

 

そして、安心の香料・保存料・砂糖
などの甘味料も無添加!

 


 

「ジュース」の違い、
おわかりいただけましたか?

丁寧に育てた有機人参の栄養を
逃すことなくジュースにできるよう
製品化されていることが本当に嬉しいです!

 

卒業スタッフに温かいエールを。

冷蔵庫ストックしていた
人参、もう底がつきそうです。

この時期は毎年寂しくなります。

 

と、同時に
新規人参開拓をします。

 

どういうことかというと、
お店でお気に入りの
人参が見つかると良いなぁと
いつも思いながら買い物をするんです。

 

色んな野菜を食べて
研究することで
新しい発見もあるので
これもまた楽しいんです。

 

さて、
今回はにんじん成長記
2月の様子をレポートします!

 

2月のにんじん畑の様子

 

 

2月も最終週まで収穫が続きました!

 

今年の2月は本当に暖かくて、
農園のある地域では
17度くらいまで気温が上昇し、
汗をかきながら作業をしていました。

 

四季の巡りが変わってきていて
びっくりします。

 

収穫期はとにかく
体力勝負なので、
スタッフのみんなも
1シーズン健康に過ごして
毎日頑張ってくれたので感謝です!!

 

今年も美浜町役場の方々が
新人職員農業研修に来られました!

 

 

みなさんで収穫体験!

職員さんの子どもさんも一緒に
大人も夢中になって
人参を掘ってくれました。

 

土質が粘土土のところもあるため、
2月ともなると掘るのが大変なので
まるでさつまいも掘りのように
土を丁寧に下の方まで掘り下げて収穫することも・・・♪

 

 

スタッフの卒業・・・

 

アルバイトで大活躍してくれた
2名の大学生が今年の春、
社会人へと羽ばたきました。

「世界に一つだけのお米」を贈りました。

 

本当に素直でよく動いてくれる
素敵なスタッフが卒業してしまうのは
本当に寂しいですが、
彼らの旅立ちを全力で応援したいと思います!

 

 

 

無農薬の米づくりへの想い

ポカポカの気候を
通り過ぎて、ジリジリと
日差しが強くなってきました。


なんだか今年も暑そうです(^^;)


さて、

お米の苗作りが始まったり、
栽培を進める田んぼの準備など
慌ただしくなってきました!


今年も美味しいお米を

収穫できるように、
スタッフ一同全力を尽くします!


今回のブログでは、

お米づくりへの想いを
改めてお届けできたらと思います。

 

 

出口農園の米づくり
スタートは12年前・・・

 

2012年に愛知県美浜町にて
農業をはじめてから約4年間、
農薬・除草剤・化学肥料不使用で
稲作をしていました。

 

しかも、
手植え・手刈り・天日干し、
その上栽培期間中は
手で雑草を抜き取っていく
という本当にこだわり尽くした稲作でした。

 

5年目以降は人参栽培に
集中することに決めていたので
一旦米づくりはお休みしていました。

 

 

米づくり再開への想い

 

米づくりお休み中、
人参などを栽培する過程で、
たくさんの失敗と成功を
繰り返しながら、
自然とともに歩む
有機農業の厳しさを経験してきました。

 

しかし、
どんなに辛くても諦めず、
投げ出さずに探究し続けてこれたのは、
奇跡の人参ジュースを
ご愛飲くださる皆さんや、
農園のお野菜を召し上がって
応援してくださる皆さんのおかげです。

 

そんなみなさんに
感謝の気持ちを込めて、
安心安全なお米をお届けしたい!!

 

この一心で
2022年米づくりを再スタートしました。

 

2023年には規模拡大をし、
定期便でお米をお届けできる量の
栽培に成功しました。

 

農業従事者の高齢化で
未来の日本の農業が危ぶまれる今、
これからの農業を担う
若手農家の一人として、
米栽培の再スタートは
人生を賭けたチャンレンジでもあります。

 

今年はどんなドラマが
繰り広げられるのか
ドキドキワクワクしています!

 

またメールや紙面で
お米栽培の様子をお知らせ
できたらと思いますので
どうぞ楽しみにお待ちください!

 

 

 

最優秀賞受賞のご報告

今年は桜の開花がゆっくりで
とても驚いています。

 

暖冬だったので
てっきり早く咲くものだと
予想していましたが、
季節の巡りというのは
本当にわからないものです。

 

近所の公園の桜は
満開を迎える前に葉っぱが
出てきていて、
散る前に葉桜状態になっていました。

 

あと残りわずかな
桜のある風景を楽しみたいと思います。

 

さて、
今回は改めて
受賞のご報告です!

 

2023年の春に
収穫した新玉ねぎが、

身体に美味しい農産物コンテスト
(旧栄養価コンテスト)
玉ねぎ部門で【最優秀賞】を受賞しました!

 

2月に行われた表彰式では、
日本有機農業普及協会
代表理事の小祝先生から
激励のお言葉をいただき、
2016年に最初に
人参部門で最優秀賞を受賞した
当時を思い出し胸がいっぱいになりました。

 

『身体に美味しい
農産物コンテスト』とは?

 

農家が育てた農産物の現状を
栄養分析によって客観的に把握します。

農業者同士が
その数値を競い合い
情報共有をすることによって、
各々の栽培技術の向上へと
繋げていきます。

 

そして、農産物の中身
(栄養価や食味など)を
高めていくことで、
より多くの人々の
美と健康に貢献していくことが
目的のコンテストです。

 

[ 当農園受賞経歴 ]

2016年 人参部門 最優秀賞
2018年 ピーマン部門 最優秀賞
2021年 人参部門 最優秀賞
2022年 人参部門 ノミネート
2023年 人参部門 最優秀賞
2024年 玉ねぎ部門 最優秀賞

 

分析結果と食味評価

 

▼食味評価
シャリシャリと歯切れよく
弾力のある食感で、
爽やかなタマネギの香りの中に
甘い香りを感じられ、
しっかりとした甘味と
コクのある旨味があって美味しい、
という評価でした。

 

 

農場長からのメッセージ

 

いつも応援していただき
ありがとうございます。

現代の野菜は
昔の野菜に比べて
栄養価が低いと言われています。

昔のように
栄養価の高い野菜が
現代に蘇ったら、
どんなに素晴らしいだろう
と思いながら日々栽培を続けています。

人参だけではなく、
玉ねぎなども栄養価が
優れていることを受賞を通して
証明していただけることは、
何より自信に繋がります。

 

また、自分たちの
取り組んでいる栽培方法で、
「間違いがなかったんだ」と、
答え合わせができるような
感覚でもあります。

 

これからも
学びを重ねていきながら、
栄養価が高くておいしい、
食べる人が笑顔になるような
野菜やお米を作り続けていきます。

 

いつも本当にありがとうございます。

 

出口たかひと


おいしい野菜を食べて
野菜が大好きな子どもたちが
日本中にどんどん増えたら
嬉しいなと思います。

 

おいしい野菜を食べて健幸に!!
ますますおいしい野菜づくり・
お米作りに励んでまいります!

 

 

ご視聴ありがとうございました!

テレビ放送をご覧いただきましたか?

 

放送後、近隣の直売所では
芸能人並みに(笑)
声をかけられる農場長・・・。

 

とても多くの反響をいただき
嬉しくてたまりません!!

 

番組内では放送されなかった
ところでアレクサンドルさんと
実はたくさんお話しさせていただいています。

 

それもあって、お別れの時は
本当に寂しく、悲しかったです。

 

彼の素敵な人柄に全員が
魅了されて、またいつか絶対に
お会いしたい!と思える素敵なかたでした。

映像制作のスタッフの方々も
素敵なかたばかりで、とっても
楽しいロケでした!!


こんな素晴らしい経験が

できるのも、いつも温かく
見守ってくださるお客様が
いらっしゃるからです。

本当にありがとうございました!

さて、今回は
今季の人参成長記のダイジェストを
お届けいたします。

———————————
8〜9月種蒔きシーズン
———————————

酷暑の中、
種まきをしていきます。
気をつけなければ
熱中症になってしまうので
暑さとの戦いでもあります。

 

————————————–
種まきから10日程で発芽
————————————–
 
発芽にはたっぷりの水が必要です。
発芽を確認するとホッと一安心。

————————————–
圃場を見回り、順次草取り
————————————–

夏〜秋は草の生育スピードに
人参の芽が負けないよう、
雑草を抜いて土に還していきます。

 

———————————–
スクスク生育していきます
———————————–

葉がぐんぐん広がり、
人参の根が下へ下へと伸びていきます。

———————————-
ぷっくり太って収穫
———————————-

12月〜収穫開始!
ぷっくり太っている様子は
ぜひテレビ見逃し配信で
ご覧ください!(^^)

 ↓
 ↓
▼テレビ東京
世界!ニッポン行きたい人応援団公式HP
https://www.tv-tokyo.co.jp/nipponikitaihito/


3月現在、収穫はほぼ終わって
しまいましたが、
次期の人参栽培に向けて
準備を進めています!!

 

春からは、
お米栽培が本格化するので
また大忙しの時期が
始まりますよ〜〜!!

 

今後とも出口崇仁農園を
どうぞよろしくお願いたします。

お米の嬉しいお声をご紹介!!

日本は高温多湿な気候なので、
農作物の栽培を行う際は、
農薬・除草剤使用は
常識的に行われています。

 

そんな中、
田んぼ1枚あたりの
収穫量が減ったとしても、

農薬・除草剤・化学肥料も
使用しないで栽培することに
とことんこだわり、
お米栽培を成功させることは
思っていた以上に大変なことでした。

 

しかし、
お米の定期便をご購入いただく
お客様のお声を読ませていただき、
そんな苦労や大変さが吹き飛んでしまいました。

 

正直なところ、
お値段は通常販売されている
お米よりも高い印象があったかもしれません。

 

しかし、その価格の違いは
なくてはならないものだと
実感しています。

 

農薬・除草剤を使用するからこそ、
そこへの労力と時間を削減でき、
コストカットが可能です。

 

また、化学肥料を使用することで
収穫量を上げることができます。

 

専業農家ではなく
兼業農家も多い中、
普段の仕事と掛け持ちをして
田んぼの管理をしている方も
少なくありません。

 

いかに、
少ない労力と手間で多くの米を収穫し、
販売をして行くか・・・。

これが今の日本の現実です。

 

高齢化社会なので、
とても大変な作業をいかに
減らしていくか?
文明の力を借りざるを得ない
そんな背景も理解できます。

 

ただ、私たちとしては、
自分たちが手がける
農産物だけでも、とことんこだわり
本物の美味しさを届けたいと思って
お米栽培にチャレンジし続けています。

 

そんな当農園の想いを
しっかり受け取ってくださって
決して安くはない金額でも
ご購入いただけるお客様が
いらっしゃることが何より支えになりました。

 

本当にありがとうございます!

 

いただいたお声をご紹介します。

 

===========================

「世界に一つだけのお米」
みなさんから届く嬉しいお声!

===========================

◾️お声1◾️
たいへんおいしくいただきました。
もちもちして一粒一粒がとてもおいしかったです。

電子レンジ用圧力鍋で炊きましたが、
とてもおいしかったです。

 

あずきと一緒に炊いたり、
ひじきご飯にしたり、
楽しんでいます。

 

何年もお米を炊いていなかったのですが、
今回のお米は毎日炊いて
食べたいと思う味でした。

消費量が多くないので、
おいしいうちに食べきれるか
心配ですが、
毎日食べて元気に過ごしたいです。

 

米の研ぎ汁も色々使えると
ネットに出ていました。

 

無農薬米なので研ぎ汁も
安心して使えるなと思っています。

 

これからもよいものを作り続けてください。

 

追伸:
先日めまいが起こり辛かったのですが、
このお米だけは食べたいと思えて
実際に食べることができました。

他に食べられなかったのですが、
おいしい自然のものは弱っている時も
体が受け付けるのだとすごく思いました。

 

このお米を買っていて
ほんとうに良かったと思いました。

 

うちの高齢のワンコも
ご飯が大好きで一緒にいただいています。

 

(Y.Oさん)

 

◾️お声2◾️

今まで白米は
あまり食べなかったのですが、
すごく甘くて美味しかったです。

 

人参ジュースとどちらも
こだわりがあり良い所と知り合えて幸せです。

 

普段から有機野菜を食べているので
安心して食べられますし、
こんなおいしいお米知りませんでした。

 

ありがとうございます!!

(H.Nさん)

 

◾️お声3◾️

元々無農薬のお米を購入していました。

 

発芽酵素玄米ご飯を炊いているので
米本来の味よりかは
食感などの米の性質に左右されます。

 

今、4キロ程食べて美味しいかも♪
に近づいて来ています。

 

ただ、米作りの愛情は凄く
美味しく伝わっています。

 

生産者の声や様子は大事ですね。

(I.Iさん)

 

◾️お声4◾️

土鍋で炊いてますが、
なんというかもちもち感あり、
必ず炊きたては、卵かけご飯、
海苔と良く合いますので、
お弁当におにぎりを作り食べます。

 

ほんと、待ち遠しい位に
食べたいお米です。

 

感謝、感謝です。

(C.Sさん)

 


以上です!

見えない想いも
大切に受け取っていただき、
嬉しくて仕方がありません。

 

これからも美味しい人参や
玉ねぎ・お米を多くの方に
お届けできるよう、
有機農業に邁進してまいります!!

 

新玉ねぎの旬がやってきました!

人参のシーズンが終わって
しまった・・・。

と、寂しがっているのも
束の間、今度は新玉ねぎが
美味しい季節になってきました!

今年の新玉ねぎですが、
我が家で試食しました♪

農場長曰く、

「今年は今まで一番おいしい!!!」

とのことでした。

自画自賛ですね!(^o^)あはは

何より調理する私として
一番嬉しいことは、
目にしみないこと!!(笑)

涙一つでないので
ラクラクにスライスが完成します!

今日はそんな玉ねぎの
栄養丸ごとおいしくいただくコツを
ご紹介します!

 

タマネギの栄養ロスを防ぐ
3つのポイント

 

(1)切り方はみじん切りがオススメ!

 

細かく切れば切るほど
血液サラサラ成分のアリシンが増えます。

 

(2)成長点は捨てない!

 

深夜成長点と呼ばれる部分にこそ
栄養がたくさん詰まっています。

 

少し硬いのでみじん切りにして
スープに入れると使いやすいですよ♪

 

(3)切った後は空気にさらす!

 

切った後はタッパーに広げて最低30分
「空気」にさらしましょう。

酵素反応が進むことをじっくり待って!

 

*玉ねぎスライスを
水に晒しがちですが、
そうすると水溶性の栄養成分と
旨みが水に溶け出してしまいます。

 

我が家は水晒しではなく空気晒し一択です♪


以上が、玉ねぎの栄養を
丸ごと楽しむポイントでした!

 

 

密かに人気な人参の部位

今季もたくさんの掘り立て人参の
ご注文をいただきまして
本当にありがとうございました!

人参のシーズンが
終わってしまうと思うと
なんだか寂しいです。

 

今ある人参を大事に大事に
食べたいと思います(^.^)

 

さて、今日は
にんじんの成長記2023を
お届けします!

 

時は遡り、12月のにんじん畑の様子です。

 

12月のにんじん畑の様子

 

12月に入ると、奇跡の人参ジュース用の
人参収穫および出荷が始まります。

 

今年の人参も美味しく育っています。

 

また、この12月から早速
掘り立て人参のご注文を
多くいただきまして、
誠にありがとうございました!

 

一生懸命にみんなで掘っています!

 

1本1本掘った人参の葉を
ハサミで切り落としていきます。
 ↓

ズラズラ〜っと土の上に寝転ぶ人参たち♪
 ↓

 

この後、綺麗に水洗浄をして
箱詰めして出荷していきます。

 

ひそかに人気な人参葉

 

「人参の葉付きは販売していませんか?」

というお問い合わせを
いただくことがあります。

 

人参がまだ小さい頃は
『間引き菜』として
近隣の直売所のみで販売しています。

 

ただ、人参が成熟してくると
収穫後はすぐに葉を切り落とさないと、
栄養が葉っぱに吸い取られてしまうので、
掘り立てを出荷する際は
葉を切り落としているのです。

 

人参の葉がお好きな方、
申し訳ありません!!


 

3月からは新玉ねぎのシーズンに入ります。

 

そのあとは田植えの季節。

そして、人参栽培準備・・

1年間があっという間ですが、
この春からも元気モリモリ
美味しい農作物を育てるために
スタッフ一同励んでまいります!

安心安全な米づくり

令和5年はお米栽培の規模を
拡大したので、
新しい経験をたくさん積むことができました。

それと同時に、
継続的にお米をご購入いただける
お客様とも出会うことができ、
感謝の気持ちでいっぱいです。

 

いつもありがとうございます

 

さて、今回は、
米農家しか知り得ない、
お米栽培にまつわるお話です。

 

 

おいしい農産物を育てる道順は
農家それぞれに違って当然

 

 

健康への意識が高い方ほど、
『農薬=危険なもの』
と言う認識が強いと思います。

 

実は、私たちも
その認識から離れることが
できないでいます。

 

調べると
「昔の農薬ほど現代の農薬は危険ではない」
という情報も出てくるので、
正直なところ
真実がわからなくなってきています。

 

ただ、一つ言えることは、
農薬や除草剤・化学肥料を
使用しないでも栽培が可能で、
さらに収穫された農産物が
美味しくて栄養価にも問題が無く
むしろ、優れた数値であるなら、
そんなに素晴らしいことはない!

 

ということです。

 

 

米農家向けの説明会で驚愕!

 

地方では年に2回ほど
米農家向けに稲作で使用する農薬や
除草剤の紹介が行われます。

 

私たちも地域の米農家の
一員に加わりましたので、
必然的にその説明が
耳に入ってくるようになりました。

 

それを聞いて大変驚きました。

 

説明会では、
土づくりから収穫までの
流れの中で、何度も何度も
農薬や除草剤の種類を変えて
使用することを勧められているのでした。

 

農業人口の高齢化もあり、
手間や労力をできる限り抑えて
収量を増やして栽培することへの
需要が高まっているのかもしれません。

 

基準値以内とはいえ、
実際のところ生産者が
どんな農薬をどれくらいの頻度で
使用しているのかは、
消費者にははっきり
伝わってこないのが実情です。

 

だからこそ、
農薬や除草剤・化学肥料を
使用しないで育てることへの
希少価値がなかなか伝わっていかない
のかも知れません。

 


 

食べるもので
人の健康的な体はつくられ、

食べるもので
人の豊かな心が育まれます。

 

『安心安全は当たり前、
栄養豊富で美味しい!!』

 

そんな『ハナマル!!』
な農産物の生産を
私たちはこれからも
取り組み続けてまいります。